私たちについて|OOKABE Creations 株式会社

建材デジタル専門家集団

2018年6月22日に「建材ソリューションカンパニー」としてOOKABE Creations株式会社を設立いたしました。

この”デザイン”には「設計」という意味があります。建材となる製品や素材または加工技術を、デジタル・ITで訴求し、メーカー代理販売、施工会社とエンドユーザーを結び付ける建材デジタル専門家集団です。

職人経験からわかった、業界の問題点

私はガラス職人です。窓ガラスを割られて、空き巣被害にあわれた住宅へ修理に行ったときのことです。

自宅の透明ガラスを破られて侵入され、怖い思いをされたとお伺いし、2層になっていて泥棒でもなかなかこじ開けれない「防犯ガラス」があるということをおすすめした時に、お客様は驚いて「家中の窓を防犯ガラスに変えてください」とおっしゃったんです。

この経験からわかったこと、それは『ガラスはたくさんあって種類が選べる』という事実が、一般のお客さまに到達していないことに気づきました。

ガラス職人からECサイトの経営者へ

日本におけるガラスは、一般の消費者が直接的に関わることがなく、どんなガラスがどのように決められているかは、消費者にはわかりません。

一般の消費者の方に、インターネットを通じて訴求し、「ガラスって選べるんだ!」という文化を広める必要があると考えました。

それが、現在の事業の基盤になっています。このように本来の製品の価値を知られていないのは、ガラスだけではなく建材全てに言えるのではないでしょうか?世の中には卓越した職人さんや素晴らしい建材がたくさん存在していて、それを伝えるために私の経験が生かせるんじゃないだろうかと思っています。

職人さんたちの知識や技術を、もっと世の中に広めていく必要がある。 そう考え、『OOKABE Creations』を起ち上げようと決意しました。

建材業界の今

建築業界は不景気の風に突入していき、特に下請けの建材メーカーには強い影響があることが想定されます。中には、インターネットへの参入が遅れていることに危機感を抱いている会社もあり、「最適なWEBサイトで自社の商品をきちんと訴求したい」というニーズがあります。しかし、WEBサイトのノウハウや人材の少ない建材メーカーにはWEBサイトを使った訴求が難しいというのが現状です。

WEB参入への遅れ

スマートフォン利用者の増加・SNSの利用・マーケティングの拡大・検索エンジンの技術の進歩もあり、EC市場はますます拡大していくと思います。

WEB参入していない状態は、大きなビジネスチャンスを逃していると言っても過言ではないと考えています。

施主に伝える

エンドユーザーや設計士は、施主からの多様な要望に応じて建材をインターネットで情報を取得したり購入したいという需要が多くあります。

施主支給や施主指定を、受け入れることで顧客満足度が向上するという傾向にもなっており、結果、施主支給や施主指定の輪が拡大するだろうと大いに予想されます。